• ハンモサーフィン事務局

ソーシャルネットワークコミュニティアプリ"HammosurfingConnect"近日公開!



【ソーシャルネットワークコミュニティアプリ"HammosurfingConnect"】

HammosurfingConnectは、独自のソーシャルコミュニティアプリとして生まれ変わり、各共遊別荘・共遊スペースの情報、各グループやページ、イベント、ブログ等はもちろん、ユーザー同士で様々なコンテンツを自ら発信でき、投稿やコメント、いいね、メッセージなどソーシャルに繋がる機能を実装しています。


『有機的な繋がりから信用信頼と安心安全によるクローズドなコミュニティチェーン』



HammosurfingConnectは、日本のみならず、世界中でハンモサーフィンに共感する新たな人的ネットワークのコミュニティチェーン化を目指し、世界中でその先にある分散型の有機的な繋がりから信用信頼と安心安全なハンモサーフィンネットワークとしてコネクトしていき、形や定義に捉われない自由なライフワークスタイル『ハンモライフ』を実現していきます。




今後は益々、それぞれのコミュニティに特化したソーシャルネットワークが出現し、それぞれのプラットフォームを選択でき様々な経済圏に所属する時代に突入すると思われます。


そんな中、ハンモサーフィンは、いち早くコミュニティによるソーシャルネットワークのプラットフォームを構築し、『ハンモライフ』の経済圏を樹立しながらユーザーが様々なベーシックインカム(金銭のみではなく生き方そのもの)を受け取れる世界を目指していきたいと考えています。


『シェアリングエコノミーの本質』


ハンモサーフィンの特徴でもある『ギブ』の精神、つまり交換機能でもある金銭も含めたモノやコト、空間などをユーザーが"与える"、"提供する"、"差し出す"ことで、それらをユーザー同士で『シェア』(=共有・共遊・共優・共友)しハンモサーフィンによるベーシックインカムの様々な恩恵を受けることができます。



  1. 例えば、ユーザー1人が1ベッドと1台の車をホストとなってハンモサーフィンプラットフォームへ『ギブ』(=ホスト登録)するとし、ユーザー100人が同じ『ギブ』(=ホスト登録)をすれば、日本中・世界中のユーザー同士で100ベッドと100台の車をシェアできるようになります。もちろん、それぞれ『ギブ』(=ホスト登録)する条件はホスト次第になります。ベッドや車を『ギブ』(=ホスト登録)ができないユーザーは、月額の1万円を『ギブ』(=ゲスト利用)することで100ベッドと100台の車をシェアできるようになり、その原資はハンモサーフィンプラットフォーム全体の活動と成長で全ユーザーへ還元されることになります。


1人が所有するリスクより『ギブ&シェア』で1人のリスクを抑えレバレッジ効果を無限大に広げる仕組みを全ユーザーと分かち合えることができます。



『ギブ』の精神こそ、生産性を高め結果プロジェクトやビジネスの創出にも繋がりコミュニティの成長に貢献し、より良い社会へ発展し好循環を生んでいきます。





私達は情報化社会における資本主義経済に紛れテクノロジーが進化し続ける中で、その恩恵を受けるのと同時に、資本主義経済とは別軸の経済に向き合い次のフェーズへ行動していくのも一つのリスクヘッジの手段です。


"共助"=『ギブ&シェア』の精神からなる生産性にも私達は先を見据え今を向き合いながら自身で意思決定判断する自立心を養える時です。


ハンモサーフィンプラットフォームは、"共助"=『ギブ&シェア』の精神から生まれるクリエイティブな生き方を実現するツール、そしてハンモサーフィンコネクトは、ユーザー同士のコミュニティをソーシャルの場でハンモライフを可視化するプラットフォームを提供し、それらが組み合わさる事で一つの『ハンモサーフィン』(=共遊型経済圏)として機能し様々課題解決に向けた新たな社会を構築するシェアリングニューエコノミー "NEXT SHARE"を目指していきます。




是非、ハンモサーフィンの一員へ!



一般社団法人ハンモサーフィン協会


  • Grey Facebook Icon
  • グレーGoogle+のアイコン
  • Grey YouTube Icon

© 2019 一般社団法人ハンモサーフィン協会

◉ お問い合わせ: